パッチワーク作り方 PR

簡単100均の額を使ってクレイジーキルトの作品

パッチワーククレイジーキルト100均
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

手軽に出来るパッチワーク100均の額を使って、
パッチワーククレイジーキルトを作りました。
クレイジーキルトは、不規則な大きさのはぎれをどんどんつないで
出来るキルトです。

100均の額を使うと、バイアステープなどの、布端の始末もしないで
そのまま飾れるので
ハンドメイド・パッチワークこれから始めてみたい方が
気軽にチャレンジ出来ればいいなと思って
作ってみました

お気に入りで小さくなっても、捨てれないはぎれや、
捨てれない思い出の洋服なども、
額に入れて可愛く作り替えてみませんか?

今回はクレイジーキルトに刺繍をせず、
レース糸で(家にあったもの)キルティングして
刺し子っぽく作ってみました
作ってみたい方は、刺し子の糸や、刺繍糸で代用して
キルティングしてみてください。

100均の額に入れたクレイジーキルト材料

パッチワーククレイジーキルトはぎれ

材料


はぎれ数種類
キルト芯
裏布
100均の額

刺繍糸
裁縫道具

裏布とキルト芯の準備

100均インテリアパッチワーク

使う額に付いてるフィルムかガラスを使い型を取ります

キルト芯はその型の大きさと同じ

裏布は、型より1センチ大きく切ります

100均の額を使ってクレイジーキルト縫います

基本ぐし縫いとたてまつり縫いで縫いつないでいます

ぐし縫い・なみ縫い 縫い方の基本を覚えるといろいろ作れる!

まつり縫いの縫い方

色合わせは薄い色ばかりだとメリハリがなく感じるので
濃い色の物を入れるようにして全体に同じ系統の色合いだと合わせやすいです

クレイジーキルトを縫います

パッチワーククレイジーキルト一番下に裏布、キルト芯を重ねずれないように安全ピンでしつけして

中心の生地を置きます
中心の生地は、今回は花の柄を重視して切ったので6角形になっています

ここからはぎれを縫いつないで大きくしていきます

パッチワーククレイジーキルト

赤い生地と下の花柄の生地を中を表にして
生地をぐし縫いしていきます(裏布まで針が通ります)

縫ったら赤いチェックの生地を表返します

クレイジーキルト 縫い方

次の生地も中表にして中心の生地に合わせて縫っていきます
縫ったら表返します

 

100均インテリアパッチワーク

表返して次は表同士縫い合わせるので、たてまつりで縫います
たてまつりなので、上の布同士だけ縫ってます(キルト芯と裏布は縫ってません)
裏布の端まできたら目立たない所で玉止めします

100均インテリアパッチワーク
はぎれを縫っていき、裏布がすべて隠れたら
裏向けて余分な生地を切り落とします

クレイジーキルトのキルティング

パッチワーククレイジーキルト

キルトラインを引きます
キルトラインは定規で1センチ間隔で
布ごとに方向を変えて引いています

キルティングしていきます
今回は、刺し子風にしたいので、いつものキルティングの糸を使わず
刺繍糸、刺繍針を使ってキルティングしてます

100均インテリアパッチワーク普通のキルティングよりざっくり縫っています

100均インテリアパッチワーク刺し子風

線を引いたところのキルティングが完成しました
水で消えるチャコペンを使ったので水でラインを消します

100均インテリアパッチワーク
額に出来たクレイジーキルトを入れます

完成100均インテリアパッチワーク

100均の額を使ってクレイジーキルト最後に

最近刺し子をする機会があって
キルティングもこんな太い糸でしてみたいなと思ってしてみました
ハンドメイドもいろんな技法があって
それらを組み合わせて作ると思ってもみない
変化や気付きがあったりしてそれらが私の作品作りの素と
なったりします

クレイジーのピンクッションこれ、マニーのアロマのやつの入れ物なんですが、
本体は壊れてしまって、この入れ物だけ可愛くておいていて
これでピンクッション作りたいなぁとずっと思っていました。
リメイク 陶器ピンクッション
同じような作り方でキルティングも太い糸で同じように作っています

昔はキルティングは細かくするのが好きだったのですが、
こんな、ざっくりした運針もなんとなく愛らしさを感じます

今回は簡単に作れるように、額に入れて飾れるようにしてみました
良かったら作ってみてくださいね。

それと今回もユーチューブに作る様子をアップしています。
興味ある方はそちらもみてみてくださいね。

*関連リンク*クレイジーキルト作り方