パッチワーク縫い方

返し縫い(パッチワーク)

返し縫い

パッチワークでの返し縫いを説明します。

パッチワークの縫い始めと縫い終わりに、一目針を返します。
これは、縫い目をしっかりさせるためで、
私は、角から角までの方法でいつも、返し縫いしています。
(他にも方法はあります)

この方法では、角に、玉止めがくるので、
ピースワークしている時に、玉止めに当たったり、玉止めが抜けてしまう時も
あるのですが、一連の流れでピースワークが出来ます。

今回は針の動きが分かるように縫う間隔を広くしています。


 縫い始めの返し縫い

返し縫い
返し縫い

1 針は角の①から入り一目先分の②に出る
2 針を通し糸を引っ張った状態

返し縫い
返し縫い

3 次に縫い始め部分の角から針を入れまた同じ場所の④に出る。
4 縫い始めの返し縫い完了

 縫いどまりの返し縫い

返し縫い
返し縫い

1角の一針分まえから針を入れ、角の②に針をだし縫います。

2 また同じ一針前の場所から角に針を入れ、
④にだし縫い玉止めします。

返し縫い
3 パッチワークの返し縫い完成。