パッチワーク縫い方

まきかがり縫い手縫いやりかた

かがり縫い5

かがり縫いもいろいろな用途に使われます。
かがり縫いは、洋服がほつれた時などに縫い閉じたり

パッチワークでもよく使われます。

まきかがり縫い基本

巻きかがり縫い2

糸を玉結びしてから、後ろから針を出します。

巻きかがり縫い1

針を出した状態

巻きかがり縫い3

数ミリ進んだ後ろからまた針を出して縫います。

巻きかがり縫い4

繰り返して縫います。

かがり縫い5

かがり縫いの終わり方は最後に玉止めをして終わります。

細かく縫うこのかがり縫いは、二つの折山を縫い合わせる時によく使われます。

中に綿を入れた小物作りの口を閉じる時

パッチワークの縫い繋ぎにもつかわれます。

巻きかがりで作るパッチワーク

ペーパーライナー巻きかがり縫い

ペーパーライナーで巻きかがりする場合、
玉止めは隠さなくていいです。角部分は同じ場所で
針をくぐらせしっかり縫います。

巻きかがりばかりで縫い繋ぐパッチワーク。これで私はベットカバーサイズのキルトも作りました

お花をすべてまきかがりで縫い繋いでいます。

そう思えばまきかがりってすごい

パイピングまきかがり

ポーチの脇(パイピング部分)を縫う場合も同じように縫います
玉止めを縫い始めと縫い終わりに、見えないように
布にくぐらせ玉止めが見えないようにします。

ヨーヨーキルトでも巻きかがりで縫い繋ぎます。

ヨーヨーキルトつなげ方

作りためたヨーヨーキルトを巻きかがり縫いでつないで繋いでいきます。

ヨーヨーキルトの場合接点の部分を2,3回かがり縫いしています。

ミシンがない場合布端の処理かがり縫い

枕カバー手縫い

枕カバーを作ったときの画像です。2枚の生地を一緒に針の動きなど同じで、縫い代を巻くようにかがっています。

最後に玉止めをします。

用途によって布一枚をかがる場合もあると思いますが、それも同じようにかがります。

手縫いで縫う時の布端の処理になりジグザグミシンの代わりになります。

先ほどの巻きかがり縫いとは違う用途のかがり縫いとなります。

まきがかりのコツとしては間隔は均等にするときれいにできます。
きつく引っ張ると、布端がまるまってしまいますので、糸に少し余裕を持たせてかがってください。

まきかがり縫い手縫いやりかた最後に

巻きかがり縫いといえば、たっぷり縫ったパッチワークのおばあちゃんの花園をついつい

思い浮かべてしまいますが、

綿を入れた小物作りの口を閉じたりするときや、洋服の修繕などでも使えるので

便利な縫い方です。