パッチワーク作り方

ドレスデンプレートの鍋敷きの作り方

ドレスデンプレート 布小物

いろんなはぎれが使えるドレスデンプレートのパターンで鍋敷きを作りました。

鍋敷きは小さい布小物になのですぐに出来上がりますし、
パッチワークで作るといろんな生地も使えてかわいく出来上がります。

ドレスデンのパターンは花のようなかわいらしい形をしていて、人気のあるパターンです。

ドレスデンプレートの型紙

ドレスデンプレート製図
ドレスデンプレートの鍋敷き製図

型紙をPDFファイルで作ってみました。よろしければお使いください。

100パーセントになるように、プリントアウトしてくささい。

ドレスデンプレートの縫い方

用意するもの
ハギレ 数種類
裏布 24cm角
キルト芯 24cm角
レース(引っかける紐用)10cm
パッチワーク裁断写真
型紙に縫い代を7ミリほどつけ裁断します
花びら表部分8枚はすべて違う布を中心は無地っぽい布を使っています

今回は同系色でまとめてみました。

パッチワーク縫い代

花びら部分を印から印まで縫い合わせます。

最後は丸くなるように縫い合わせて、縫った部分の余分な縫い代を
4ミリほどにカットしてアイロンで一方方向に倒します

中心の布しつけ糸

中心部分は、アップリケするため中心の布をしつけ糸でざっくり縫い

中に型紙を入れて引っ張りアイロンで丸く形を整えます。

 

ドレスデンプレート中心

中心に置いてたてまつり縫いします

しつけ糸を抜き中の型紙を抜きます

アイロンします。

ドレスデンプレート部分が完成しました。

裏布とキルト芯を用意してしつけします

パッチワーク小物仕立て
表布(中を表に置きます) 裏布(中を表に置きます)キルト芯を重ね

安全ピンで留めしつけします。
この時、掛ける用のレースを内側に挟みます

開け口を残し縫います。最初と最後は返し縫いをしてください。

余分な縫い代切る
あけ口を残し縫ったら、ドレスデンプレートの外側の余分な縫い代を

5ミリほどに切りそろえて

あけ口からキルト芯が中に入るように、表返し開け口を縫い閉じます。

キルティングします。

パッチワーク小物キルティング

見た目は完成ですが、このままでは洗濯したら中のキルト芯がずれるので、

キルティングします。キルティングは表布・キルト芯・裏布までを

一緒に縫います。

ドレスデンプレートの鍋敷きの作り方まとめ

ふち部分が丸くなっていて、お花の形をしているドレスデンはとてもかわいいのでキッチンだけではなく、
ちょっとした花瓶の下に置いたり、そのままパッチワークの飾りとしても使えます。

布で随分雰囲気も違ってきますので好きな布で色合わせていろいろ作ってみてください。

プレゼントにも喜ばれると思います。

実はこのドレスデンの鍋敷きは、販売用に少し作ったので、
売ってしまい、手元にはありません。

ハギレで作れるので、
使いやすいコットン系の洋服などを使って、作ってもいいと思います。