パッチワーク作品

ダーラム風キルト

ダーラム風キルト

ダーラムキルトについては、
あまり情報がなく、ルシアンがダーラムキルトシリーズの布を
出してから、ダーラムキルトというものを知るようになりました。

1800年代のヴィクトリア時代のイギリスのダーラム地方で
作られたキルトということですが 本当素敵すぎで、一目で好きになりました。
ファンも多いのはうなずけます。

ネットや、私のカントリーなどで、
素敵なアンティークのお部屋を紹介している方は
ダーラムキルトを飾り、小物もダーラムの生地で作ったものを
インテリアにしていました。

雰囲気はシャビーシックに近い感じです。


ダーラム風キルトを作りました。

ダーラム風キルト

本物のダーラムキルトは、アンティークのキルトなので、
とても手が出ない!ということで、自分で作ってみることにしました。

花柄の素敵な生地でさみを入れるにはもったいないなぁなんて
思っていた生地もありまして、
ダーラム風キルトを作る事にしました。

ダーラム風キルト

このキルトは、花柄の美しさがそのまま出るので、お気に入りキルトになりました。
では私も作ってみたいという方のために、私が作った経緯などを説明したいと思います。

ダーラム風キルトを作るための布の用意

ダーラムキルト

生地は、YUWAの生地か、宮崎順子さんの生地だったと思うのですが、
お気に入りの花柄の生地を使いました。

この写真は、ルシアンから出た、復刻版のダーラム生地です。

ふんわりした花柄がとっても素敵でした。

パッチワークするのではなく、一枚布にキルティングを刺すという意味では
かなり、ホワイトキルトを作るのに近いです。

ホワイトキルトは、白い生地に細やかな、キルティングラインが映えるイメージですが、
ダーラムは、生地とキルトラインの融合的な感じがします。

なので、ホワイトキルトより、単純なキルティングで、十分素敵なキルトができます。

パッチワーク水通し

水通しをして乾かしてから、アイロンします。

*関連リンク*水通しについて

キルトライン図案

今回、キルトラインは、鷲沢先生の本を使わせていただきました。

鷲沢先生のキルティングの図案は、とても美しく、素晴らしい。芸術品です。

そしてかなり細かい!
ホワイトキルトの図案などにもピッタリだと思います。
ただ、図案集だけあって、お値段もいいお値段です。

私は、図案集なのでこのお値段が妥当だとは思います。
ワンランク上のキルティングラインをお探しならぜひ!

難しいラインもありますが、今回は二つのキルティングラインを使わせて
頂きました。

なるべく細かいキルティングになるように、しているので、
7mmくらい幅でのキルティングしています

このキルトをキルティングしながら思ったのですが、
縫い代がない(幅広の一枚布を使っている)のでキルティングしやすいのです!

キルティングの練習に良いかも。。。

*関連リンク*パッチワークフープ

*関連リンク*シンブルの使い方

ダーラム風キルトキルティング

初心者さんにもぴったり。。。でもあまり大きいサイズは
大変なので、ベビーキルトサイズの小さいものから挑戦してもいいですね。

 

View this post on Instagram

 

sakuraさん(@sakura.73)がシェアした投稿